真珠について学ぶ

あらゆる宝石の母とも呼ばれる真珠は、何世紀にもわたって人々に愛されてきました。真珠の歴史は古く、クレオパトラは溶けた真珠を飲み、英国女王はティアラを真珠で飾りました。

興味深いことに、真珠の形成は非常に独特で、地球上の他の宝石とは異なります。真珠には天然のものと養殖されたものがありますが、現在市場に出回っているほとんどの真珠は養殖です。 19世紀、ミキモトは真珠貝に手作業で核を挿入する真珠の養殖法を発明しました。核は通常、丸い形に粉砕された殻です。一方、天然真珠は、核ではなく小石や砂、海の昆虫などの異物が貝殻の中に入ることで形成されます。

真珠養殖の写真

両者の大きな違いは、異物が人の手によって殻に播種されたのか、自然に播種されたのかということです。種まきプロセスの後、貝は慎重に選択され、特別に作られたかごを通して海または淡水に入れられます。内部に置かれた核は、貝殻を刺激して核の層を重ねて分泌させ、真珠を生成します。このプロセスには、真珠の種類、サイズ、品質によって異なりますが、通常 1 年から 3 年かかります。時間の経過とともに貝殻が真珠を覆い、真珠はより大きなサイズとより良い光沢に成長しますが、貝殻の状態や位置がわずかに変化するだけで形や光沢、光沢が歪む可能性があるため、貝殻の状態を常に監視する必要があります。そして真珠の斑点。そのため、養殖場では貝殻を常に海から引き上げ、洗浄、観察、調整を行っています。

真珠の種類

あらゆる種類の真珠

真珠にはさまざまな形がありますが、完全に丸い真珠が最も希少で最も価値があります。真珠にはドロップ型、ボタン型、バロック型、サークル型などの形があり、それぞれに独特の特徴があり、見る人の目によってその美しさが異なります。つまり、値段に関係なく、人によって好き嫌いがあるということです。

 

 

あらゆる形態の真珠光沢

あらゆる形態の真珠光沢

真珠の表面に塗布されるコーティングの量によってその特性が決まり、コーティングの厚さは貝殻が海に沈んでいた時間によって決まります。真珠のコーティングが厚いほどテリ(光沢)が増し、色が深く美しくなります。この光沢と色の深みは、高品質の真珠の特徴であり、魅惑的な外観を作り出します。