真珠の種類

貝殻付きアコヤ真珠

アコヤ真珠 アコヤ真珠

日本で発明された養殖真珠の先駆けで、その真珠を形成する真珠層の透明度が高く、光沢の良さで世界的にも高い評価を得ています。一部中国やベトナムでも養殖されています。貝から形成されるアコヤ真珠のサイズは3mm~10mmで、カラーはホワイトが基本で必要が高く、ホワイトの中でもクリーム系、ブルー/グレー・シルバー系、ピンク系などがあります。

品質には最もランクがありますが、花珠真珠とアコヤ本真珠に分けられます。照り、巻き、形、キズ、全てのグレードが上級である条件を満たす品質最高のものを花珠真珠と呼ばれます日本では伝統的な嫁入り道具の一つでもあるあこや真珠のネックレスは冠婚葬祭やフォーマルなシーンで愛用される大切な宝飾品です。

黄金と白の南洋貝殻南洋真珠白蝶真珠

赤道の直下の海に生息する大型の白蝶貝から8mm~20mmほどの大粒で存在感のある真珠が採取できます。

カラーは多彩でホワイト、シルバーホワイト、ピンクホワイト、イエロー、ゴールドなどがあります。

白蝶貝が生まれてくる母貝の貝殻の内面の周辺部の色によってシルバーリップとゴールドリップの2種類に分けられます。 海オーストラリア域ではシルバーリップからホワイト系の真珠、インドネシア、フィリピン、ミャンマー海域ではゴールドリップからイエロー、ゴールド系の真珠ができ、母貝の種類や産地によって色の特徴が違ってきます。

貝殻にタヒチ真珠

タヒチパール 黒蝶真珠

南洋の黒チョウ貝から7mm~18mmほどの大粒の真珠が生まれます。

生産地はフレンチポリネシア(タヒチ)、クック諸島の一部ですが、黒蝶真珠の生産量の約95%がタヒチで採れるため、タヒチ真珠とも呼ばれています。

カラーはブラック系グリーンブラック系レッド、ブラック系グレーなど単一色のブラックではなく、一粒一粒が多様性に富んだ色目です。 中でもクジャクの羽の深いような緑に赤みがかった反射のあるピーコック・グリーンと呼ばれている干渉色が高く評価されています。

貝殻に淡水パール淡水真珠 淡水真珠

淡水に生息するイケチョウ貝やヒレイケチョウ貝を用い、湖や池で養殖されます。

一般的には楕円形のものが多いですが、ライス形、ポテト形、ドロップ形、ステック形、バロック形などサイズや形は多種多様です多様です。

生産地は主に中国の一部日本でも養殖されています。

カラーはスタンダードなホワイトから、他種の貝からはできないパープルやオレンジ、ピンク、人気のローズなどパステル調の多彩な色ができるのが特徴です。

貝殻にマベパール Mabe Pearls マベ真珠

マベ貝の内側に半円の核を入れ、その核をが真珠層によっておおわれてできる半円形が特徴です。生産地は日本です。

母貝についてできた半円真珠を貝から指名した後に白蝶貝の貝殻などで裏張りにして仕上げられます。

母貝の虹色があった美しさは格別で、これから生まれてくる真珠にも独特の色合いや虹色の輝きがあり、ホワイト、シャンパンクリーム、妖艶なグリーンやメタリックブルーなど多彩な色があるのが特徴的です。

挿入する核の形により、半形ばかりでなく、ドロップ、ハート、マーキス、三角など特殊で様々な形状を作ることができます。